会社の待遇で選ぶ

警備員

警備員には様々な仕事内容がありますが、最近一般的に行われているのが交通整理と呼ばれるものです。交通整理に関してはどこでも行われていますのでどの警備会社に入社してもたいていは交通整理をすることになるでしょう。しかしながら、交通整理といっても様々な場所で行われますので、細かく分けるとやはり会社選びが重要になるところです。その辺の道で行われている交通整理をする会社が多いですが、中には高速道路を専門的に行っているところもあります。このようなところに入るためには、交通整理の資格を取得しなければできないことも考えられるでしょう。その一方で、ビルやマンションなどの管理をしているようなところもあります。ビルやマンションを管理している場合には24時間体制で行っていることも多く、日勤と夜勤に分かれている傾向が強いです。この場合には夜勤の勤務になる可能性が高いため事前に確認をしておかなければいけません。

評判を確認しておく事は大事

警備員

警備会社に入る場合には、事前に評判を確認しておきたいところです。何故かと言えば警備員になる場合でも仕事の内容が随分と異なるからです。例えば、交通整理の仕事でもかなりきついところもあればそこまできつくないところもあります。残業代がつく会社の中でも残業ばかりしているところならば稼ぐことはできますが、人によっては残業代はそれほど入らないので、残業が少ないところが良いと感じる人もいるかもしれません。これらは事前に口コミや評判を調べておけばある程度わかります。後は仕事内容によって、大きく環境が異なることも頭に入れておきましょう。例えば交通整理とビルの管理だと交通整理の場合は雨が降ってもどれだけ寒い日でも外に出て働かなければいけません。一方ビルマンションを管理する場合は大抵室内に入ることが多いですが、そこに住んでいる人家で入りしている人との人間関係が重要になってくるところです。それ以外に注目して行きたいところの1つは、寮生活ができるかどうかです。警備会社の中でも寮を所有しているところが多いです。その寮も内容によって随分と異なります。1人部屋が当てられる場合もあれば、集団生活をしなければならないこともあります。4LDKの家に6人から7人ぐらいが住んでいるようなところもありますので、寮生活ができるとわかっていても実際にどのような環境なのかを事前に確認しておかなければいけません。集団生活をしなければならないとすれば、慣れていない人は人間関係でストレスが溜まってしまうことも考えられます。

広告募集中